夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

だんだんと

27日


本当は休んで付き添いたかったが、どうしても休めず、早めに切り上げ病院へ。


着いたとたん「わし、昨日の晩なんかやらかしたらしい」と。


看護師さんに確認すると、私を探して徘徊したとのこと。同室の方が連れて帰ってくれたと。


あー、やっぱり。


ごめん、付き添いが出来なくて(涙)


主人には「大丈夫だよ、気にしたらだめだよ」と言うしかなかった。


帰りたくないが、付き添いが出来ない、不安で不安で仕方ない。


ただただ、心で謝るしかない。


ごめんね、一人にして。そばにいてあげれなくて。