夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

とりあえず落ち着きました

あの日のブログ、なんかおかしな文章になってましたね。


もうどうしようもなく旦那さんに会いたくて会いたくて、もうどうしようもなく苦しさでした。
なぜ私がこんな思いをしないといけないの?
なんで旦那さんがいないの?
なぜ私を一人にしたの?なぜ一緒の墓に入れないの?(死後離婚したので)
なぜ・なぜ・なぜ・・・・いろんななぜが続いてでてきました。


主人の写真を抱きしめて、そっちに行きたいと思った瞬間に「先生に電話だ」と聞こえたようなんです。


で、先生に電話して助けてもらいました。


次の仕事はお休みして姉の家にいました。


ただ、あまり休むこともできなくて次の日からは出勤しないと。


辛いですよね、生活もかかっている、生きていかないといけない。


幸いにも出張者の方が多かったので、静かに仕事ができました。


友人が上司には報告してていたので、何も言わずペコリと頭を下げました。


ただ、いつまた起こるか不安ですが、ゆっくりやっていこうかと思ってます。