夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

災害に見舞われた方にお見舞い申し上げます

旦那さんのいとこが広島に住んでいて、兄弟みたいに育っていたので、ものすごく仲良くして家族ぐるみでお付き合いしてました。


ほとんど旦那さんの身内とは連絡していません。


が、いとこだけは心配してくれて連絡くれました。

旦那さんがなくなって喪中のハガキにわたしの名前がなく心配し連絡くれて内容を話して今まで通りに付き合ってます。

そのいとこがも災害にあっていて、いとこと息子さんは自宅に、奥さんは娘さんのところと分かれてると。


食べ物がなくて困ってると、どうにかして少しでも送ることができたらいいと思っています。


みなさんの知り合いとか友人とかいらっしゃると思います。


心配で心配でしょうがないともいます。


どうか無事に見つかりますようお祈りします。


何もできなのが辛いですよね。祈ることしかできないのかと。