夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

診察日でした。

今日は内科と精神科の受診日でした。


予定より早く内科の診察が終わったので、時間があり、久しぶりに本を買いました。


「自分をどう元気付けるか」和田秀樹の本を買って読もうと思います。


友人たちが助けてくれたので後は自分で元気を出す番かなと思います。


いまの会社の方には本当に感謝しきれません。
病気が見つかり看病のため休暇を取らせてもらい、最後を看取ることもできた。


あとがちょっとケチがつきましたが、それはこちらにおいといて


食欲がないと行ったら食事会を開いてくれて。


忙しいなか企画してくれた友人に感謝です。


先生も薬は自然に減ることはいいことだからと。


すこしは良くなってるんでしょう。マスクを外させたこと。


笑顔で話せること。泣く回数が減ったこと。


少しずつ自分も変わってきているんでしょう。


旦那さんだ好きな笑顔が今は自然にできてます。


みてくれてますよね、旦那さん・・・あいたいよ。