夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

49日の法要

5月20日


無事49日の法要が終わりました。


主人も安心していってくれたと思います。


ただ、義母だけが、何かを言いたそうにしていましたが、なんとなく言い出せずにしてました。


後日、お見舞いやお世話になった方に贈り物(満中陰志)をしたことで、勘違いをして
怒りをぶつけてきました。


ここからが、私と義母との戦いが始まったのです。


主人がなくなってから体調は崩していたのですが、49日が無事終わったことでもっと悪化して、寝込んでしましました。


何も考える状態ではなくなりました。