夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

すべて解決するが・・・

7月11日


今日が話し合いの最後のになるようにと思い、家に寄ったのですが、義妹も来ていたのでものすごい動機がして苦しかったです。
その時言われたのが、こちらで必要のないものはすべて持って行ってくださいと。
私は「自分が持ってきたものしか出ません」と答えておきました。



法律相談で、義母から家は自分が相続すると。
あとは、籍を抜いてくださいと。


これですべて、終わりました。


主人はどう思っているか?これでよかったですよね?幸せになれますよね?
ただあなたとの思い出のあの家を出ていくのはつらいです。


すべての手続きを終わらせ、住宅を探しに会社の近くの役場へ。


何とか一部屋空いていたので、そこを契約することに。


あとは荷物を取りに行く日を決めて取りに行かないと。
兄に相談して15日に甥っ子2人と姉2人で済ませようと。


あちらにも15日に取りに行きますと。本当にこれが最後になるなあー!
主人と生活を思い出し一晩中泣いていました。