夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

人の口には戸は立てられない

もう情けないやら、悔しい気持ちです。


何であんなうわさが出るのだろう。


主人が入院中に、男がいて帰りに会っていると。


はあー?


私は少しでも主人に元気なってもらいたくてしんどくても毎日会いに行っていたのに。
少しでもさみしくないように消灯までいさせてもらっていたのに。


帰りたくなくても帰らないといけないつらさ。


みんな知らないくせに!
私が壊れそうなくらい、離れるとおかしくなるくらい主人が大好きだったのに!



ばかばかしい。


なぜ人の心を気付つける事しか言わないのだろう。
それでなくても心がボロボロになっているのに。


また一つトゲが増えたようです