夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

遺産の手続きが終了

8月17日


司法書士さんから連絡があり、手続きがすべて終了しましたと。


これで、すべて終わったと、なぜがその晩に義母の夢を見ました。


内容は覚えていないですが、主人が最後に合わせたのかもしれません。(あれから一度も会ってないので)、ただやはり見たくはなかったです。(ごめんね)


18日に、義理の妹から夜中に電話が入っていました。(薬で気が付かなかったので助かりました)。


何か言いたかったのでしょうが、もう私は声さえ聴きたくないので着信拒否をしました。
私の姉は義母と同じ町内に居るのでたまたま役場で二人を見たと。
色々手続きをしに行ったのでしょう。


私は手続等の時は司法書士さんに間に入っていただきこちらからは連絡を取っていません。


これからは、一人でしっかり生きていこうと心に決めて主人に報告しました。