夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

9回目の命日

1月2日


何でこんな日が命日?
いつも一緒に初もうでに行って買い物して箱根駅伝を見てゆっくりしていた日なのに。


いろんなことを思い出しながら、ボロボロ涙が出て気がおかしくなりそうなくらいしんどくなります。


1年が近づくにつれて余計にさみしさが大きくなっていくのです。


1年ごとになんか大きくなりそうな気がして怖い。


主人がそばにいてくれればと思います。
でも、無理ですよね。
もういないんですもんね。


すごく会いたいよ!ぎゅっと抱きしめて名前を呼んで!この頃から同じことをずっと考えてます。


さみしさが大きくなってきていると。