夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

心が壊れそう

3月19日
生理が始まり体調をくずす。


最近の私の体、もう限界なのか?ボロボロなのか?


余計に気持ちが沈んでいく。体と心は一つですね。


彼岸の休みには家から一歩も出ることが出来ず。
主人がいないとこんなに違うんですよ。楽しく休みにはどこかに連れてってもらってた。


車の中では何も話さなくても、ただ一緒にいるだけでよかった。


たわいの話をして笑ったり、テレビを見て泣いたり笑ったり。


ただそれだけでよかった。それが出来ないなんて。こんなむごいことないですよね。


家で何もしゃべらない、テレビだけがものを言ってる。
写真を見てるだけ。


こんな主人のいないこの世の中は私には必要ないかもしれません。