夢見る50

平成29年2月に余命1年と宣告された最愛の主人を膵臓癌で亡くしました。1か月と8日の闘いでした。

今後のこと

21日
抗がん剤治療が始まって、消灯までかかり、ぎりぎりまでいさせていただきました。
「明日には病室をかわってもらいます。」
どうしても会社に行かないといけないので義妹に頼みました。


22日、私は仕事について、上司と相談をしに会社へ。
「このまま長引けば、主人に付き添いたいので、仕事を辞めようと思います」と
今月は年度末で、休みを取りやすいようにしてあるから、来年度考えようとの返事。


夕方、少し早めに病院へ。


私の顔を見るなり「お前仕事辞める気か?やめるなよ」
えっ?なんでわかるの、顔に書いてあるの?


「そんなことないよ。大丈夫だよ」「ならいいよ」


ものすごく怖い。
私のこと何もかもわかるの?
わかるんだろう、やはり夫婦なんだ!